税理士をお探しの皆様へ

税理士選びでお悩みではありませんか?

税理士に関してこんなお悩みを持ちの方は、ひとつでも当てはまったらご相談ください。

相談しても的確な回答がなくコミュニケーションが取れない、

  • 税務調査の対応が税務署の言いなり、
  • 借り入れの相談にのってもらえない、
  • 積極的な提案や紹介を税理士に期待するのは間違い?
  • 毎月の顧問料を払っているのに何をしてもらっているのかさっぱりわからない

このようなお悩みをお持ちではありませんか。d1f7b72244ac11a859d6c3eeaf6a98e1_s

アステア税理士法人では、チーム体制でしっかりサポートし納税者の権利を守ります。 また、日本政策金融公庫など金融機関との太いパイプと実績があります。

アステア税理士法人では専門特化型の組織形態を採用しており、それぞれのお客様に対して、深く掘り下げたヒアリングを実施し、現状を把握した上でさらなる発展に寄与するご提案・コンサルティングをいたします。

常にタイムリーかつ有益な情報を提供し、綿密なコミュニケーションを基本に、きめ細やかな対応を心がけています。

税理士が高齢で話があわないので、同年代の税理士に変えたい

同年代または若い税理士に変更したいとお聞きするお悩みで特に多いのが、先代から事業を引き継いだ二代目・三代目の若い経営者様です。

先代の時代から継続して顧問税理士をしてもらっているので変えにくいが、こちらの要望がいまいち伝わらない等コミュニケーションがとりづらい、またお決まりの監査報告だけに留まり情報提供が少ない、最新の税法などへの追随ができているか不安だとかいう不満を耳にしますが心当たりがありませんか?

こういうケースでは長い付き合いで慣れてしまって、サービス内容の低下も心配されます。会計事務所の担当者も経営者様の不満をくみ取ることなく、定例業務だけに終わっていることに疑問を感じていることは意外に少ないものです。

当事務所は年齢層も若く、実際に顧問契約をされているお客様も比較的若い方が多くおられます。もちろん最新の情報に対応しており、お客様にご提供いたしております。

巡回など訪問が少なく相談もしづらいので、定期的に訪問してくれる税理士に変えたい

当事務所の顧問契約では基本的に毎月ご訪問させていただき、情報交換や新しい情報のご提供、アドバイスをさせていただいております。

顧問料のコスト削減目的でご訪問回数を減らすプランもご用意しておりますが、その場合も電話やメール等の通信手段を活用して情報交換やご相談など行き届いたサービスをモットーに行っております。

また 交通アクセス抜群な熊本県庁前に事務所を構えているのも、お客様に対して、より迅速に訪問できるというメリットを考えております。

税理士報酬や費用の内訳がよくわからないので、料金が明確な税理士に変更したい

税理士を変更したいというご相談の中でも比較的多いのが顧問料の不明瞭さについてのご不満です。

当事務所では顧問契約のサービス内容による料金をそれぞれ明確にしており、お客様に納得していただいた上で契約をしております。 同じサービスなのにお客様によって料金が違うということもありませんのでご安心ください。

また事業展開していると 突発的に発生する事項の対応についても事前見積もりが可能ですし、他紙行との連携もスムーズに行います。経営者様にとっての『かかりつけ医』のような心強い存在になれることを目指しています。

質問の回答や月次処理・決算処理が遅いので、もっと迅速な税理士に変えたい

当事務所では極力お客様の不安を取り除くことをサービスの基本方針にしており、その為にもレスポンスや業務の速さは重要なことだと考えております。

より迅速な対応ができるようにスタッフ全員が心がけるとともに、その体制を整えており、お客様のお困りごとを一刻でも早く解消いたします。

税理士を変更するタイミングが難しい

税理士を変更するのに良いタイミングはやはり決算が終わったタイミングです。

決算が終わったタイミングは決算書と申告書からこれまでの処理内容を読み取ることができるため最も引き継ぎ処理が行いやすい税理士変更のタイミングと言えます。ですから税理士変更をお考えの方には決算終了のタイミングを目標として事前にご相談いただけたらと思います。

また決算時からセカンドオピニオンとして関わることで移行がスムーズにいく場合もありますので、悩む前にまずはご相談ください。

もちろん年度の途中であっても税理士を変更したいと思われることもあるかと思います。その際でもケースバイケースで最適な方法、準備を計画いたしますのでお気軽にご相談ください。

とはいえ、現在の税理士を変えにくい or 変えるのは不安と思えてきたり、変更に伴う多少の手間や事務負担を感じられることがあっても、私共が全力でサポートをお約束します。

御社にあった最良のシステム化に整備しそれを用いることによって発生するパフォーマンスが生み出す付加価値のことを想像して頂くことを希望します。

不満があれば別の税理士に変更するというのは経営者にとっての権利であり、当然のことだと思っております。

しかし色々なしがらみや惰性、何より手間や事務負担が出て面倒だ…などにより税理士を変更するのを躊躇される方も多いようです。また、変更した税理士が期待通りかどうかも分からないので不安だという声もよく聞きます。

そういったお客様には、現在の顧問契約を変えずにお試し的にサービスをご提供する「セカンドオピニオンサービス」という契約形式もご用意しております。

下記より、お電話もしくはフォームにて、いますぐご相談ください。

お問い合わせ